部屋を快適に 掃除が楽な家

部屋を快適に!掃除がラクな家

忙しいママ・パパにとって日々の掃除は大きな負担ですよね。でも…実はその負担、ちょっとした工夫で大幅に軽減できるんです!前回に引き続き、エイトの敏腕パパ営業マン、伊東さんにお話を伺いました。

掃除がラクなとは・・・

大切なのは、汚れやすい場所、掃除が大変そうな箇所を極力つくらないこと。もちろん、家を建てた後に工夫することもできますが、建てる前に住宅プランナーとしっかり話し合って設備そのものを変更することで”ラク度“が大幅にアップします。
汚れそうな場所・箇所を減らす(=余計なものをつくらない)ため、その分、予算を抑えることもできます。

こんなところも⁉目からウロコのラクポイント

Point1 ドアをノンレール式(上吊り式)の引戸に

ノンレール式とは上部にレールを設け、吊るすように設置すること。通常の引き戸とは違い、床に戸をすべらせるためのレールがないのが特徴です。
ゴミやホコリがたまりやすいレールの掃除が不要、床がフラットになりお掃除ロボが動きやすくなるなど、たくさんのメリットがあります。

Point2 巾木(はばき)を小さく、薄くする

巾木とは壁と床の境目に取り付ける部材のこと。壁と床の隙間を隠したり、汚れや傷を防いだりする効果があります。壁と床がある場所全てに存在する上、段差の部分にホコリが溜まりやすいので、こまめに掃除する必要があります。
施工の際、あらかじめ巾木を小さく、薄くすることでホコリが溜まりにくくすることができます。

Point3 ものが多い場所に収納をつくる

リビング収納

床にものを置くと掃除が大変です。そのため、ものが多くなりがちなリビングには奥行きの浅い(=取り出しやすい)棚をつくるのがおすすめ。特に、ごちゃごちゃしやすいモデムなどを収納すると、便利な上、お部屋がスッキリします。

玄関収納

玄関付近に収納があると家の中が散らかりにくくなります。カバン、外遊び用のおもちゃ、部活道具、ゴルフバッグなど何を入れるかはご家庭次第。いずれにせよ”家に入る前に“収納する習慣をつけましょう。

Point4 フロートタイプの家具を選ぶ

テレビボードなどは掃除のしやすさから床から浮かせたフロートタイプにすることでお掃除ロボやモップかけなど手間が掛からなくなります。

Point5 浴室やトイレには窓をつけない

最近は換気設備がしっかりしているので、窓がなくても問題ありません。窓をなくすことで窓、窓枠などの掃除の手間を省くことができます。

Point6 浴室はシンプルに

昔の浴室には鏡、棚、タオルかけなどいろんなものがあらかじめ設置されていました。しかし、湿気の多い浴室に置いてあるものは水垢やカビなどしつこい汚れがつきやすいので、今はなるべくシンプルにする傾向にあります。
シャンプーボトル、シャワーフック、鏡、タオルかけなど必要なものは脱着できるマグネットで後付けするという手もあります。

Point7 素材を吟味

木材など汚れやすい素材はコーティングしたり、似たような風合いが出せるメラミン化粧板に変更したり、対策を考えましょう。

お掃除がラクな家の3原則 浮かす ノンレール式トビラ、フロートタイプの
家具、収納、脱着式のマグネットを活用し、
床に“置く”のではなく“浮かす”工夫を。 余計なものを省く  不要な設備は省くor小さくして
掃除する場所・箇所を減らしましょう。 汚れにくい素材を選ぶ 素材にこだわりすぎず、お掃除しやすい
代用品に目を向けることも大切です。

他にもたくさんポイントがありますが今回はここまで。「お掃除がしやすい家 第2弾」も近いうちにご紹介予定ですのでご期待ください!

プロフィール

株式会社エイト 伊東 貴志さん


お客様に寄り添い、様々な角度から快適な暮らしを提案する熱血営業マン。14才、12才、6才の子どものパパでもあり、自身の家づくりの失敗談などリアルなトークに“説得力がある”と評判。https://eito-h.com/